よくあるご質問 -Q&A-

 

 

 

個別教育エデュースQ&A エデュースってどんな塾ですか?

 

 

 

1 集団指導塾と個別指導塾との違いは簡単にいうと何ですか?

 

1 授業の主体がだれにあるかが明確な違いです。集団指導塾では塾主導のカリキュラムで進行されるため授業の主役は講師であり、生徒さんは受け手として授業に参加することになります。対して個別指導塾はそれぞれの生徒さんの望む学習内容に対応しますので授業の主役は生徒さんであると言えます。すでに理解できていて必要ないものははぶいて自分自身の必要な学習内容だけをしっかり学習することができます。

 

 

 

2 なぜエデュースは個別形式の塾として授業をしているの?

 

2 成績上位の生徒さんは自主的に学習に取り組め集団指導塾で十分な成果を得ることができるでしょう。それ以外の成績中堅~以下の大多数の生徒さんについては、理解の浅い単元があったり苦手な単元があったりして、必要とする学習内容が違っているので、集団指導塾ではそれぞれに対応するのは不可能です。個別に対応してそれぞれを伸ばしていけるのは個別指導塾だと考えるからです。

 

 

 

3 個別教育エデュースは他の個別指導塾と何が違うのか?

 

3 通常、個別指導塾ではそれぞれの生徒さんが必要な単元を授業で理解をして宿題でその定着を図ります。しかし、現実問題、宿題としての家庭学習に塾が関与していける部分はある程度までは可能ですが限定的です。それならば第一段階として、塾にいる間に学習した内容の定着をはかる為に個別指導授業の直後に自立学習を合体させたのが独自の学習スタイルです。これが他の個別指導塾とは違うエデュースの学習のシステムです。

 

 

 

4 個別教育エデュースでの自立学習の時間は何をどのように学習するのですか?

 

4 基本的には当日個別指導で学習した内容の復習です。個別指導の担任講師と生徒さんとが話し合ったうえで自立学習での演習内容を決めます。テキストや問題集を使い個別指導授業で学習した内容を一人で再現できるか、完全に理解できているのかを確認するための演習をすることがもっとも重要な学習です。もちろん、わからないことがあれば自立学習担当の専任講師が詳しく指導します。

 

 

 

5 個別指導と自立学習を組み合わせることでどんなメリットがあるのですか?

 

5 最大の効果としてはその日に学習した内容を自分自身で再現してもらうことで理解できているかを確認できることです。なんとなくわかった気がしたままでその日の授業が終わったのでは完全に学習内容が理解できたとは言い難いですね。次回の授業で再度同じ単元を学習しなければならないのかを生徒本人が認識することができます。また、家庭での学習習慣を確立していくためのステップになります。

 

 

 

6 個別指導と自立学習で各季節の講習期間はどのような講習を行いますか?

 

6 過去に学習した単元の中で理解があさい単元や完全に定着していない単元をひろい出し、必要な場合は前学年の単元に戻るなど、講習として提案するコマ数を個別指導授業で受講していただき完全な理解と定着を目指します。中3の夏以降は受験勉強のスタートとして90時間~120時間の「自立学習」時間を確保します。

 

 

 

教わることが勉強のすべてではありません。エデュースでは、自らが勉強に対して取り組めるようになって初めて学習が自分のものになると考えます。